Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Screen Note

映画とかドラマとか好き勝手に感想レビュー

「もののけ姫」尽きることのない視点を持つモンスター映画。あの有名なセリフについて考えてみました。

遅ればせながら金曜ロードショーで放送されていた宮崎駿映画の金字塔「もののけ姫」です!

見る度、見た時の年齢によっても毎回新しい発見、考えさせられることがある稀有な存在。

 

もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

 

 

小学生の時に放映されてから、何度見たことでしょうかね。

ストーリーはもちろん、絵の美しさ、音楽、キャラと声優さんのマッチ具合、何度見ても見入ってしまいます。

 

毎回、違う面を考えさせられるのですが、今回はあまりにも有名なアシタカのこのセリフ

「生きろ…そなたは美しい」

の真意が気になってしまいました。

 

初めてセリフを聞いた時から、サンの容姿をそのまま言ってる訳ではないとは思ったけど、よくよく考えるとアシタカが何を言いたいのか理解しないまま流していました。

というか、考え出すとかなり深くなりそうで怖くてあえて考えないようにしてたのが正しいかも。

 

今回見たとき、何か直感的に単純にサンに好意を抱いてのセリフじゃないか?って思ってしまい、アシタカはそんな軽い男じゃない!という願望から真剣に考察してみました(笑)

 

色々調べての結論としては、自分のことを山犬にも人間にもなりきれない、醜い存在と思っているサン。

そんな自分の命など、どうなってもいいと思っているサン。それが分かっているアシタカは、その考えを否定させるため

「生きろ…そなたは美しい」というセリフを発したのだという所で納得がいきました。

 

うーん、奥が深い。

呪いを解かない限り死を待つばかりのアシタカだからこそ殺されそうな場面でも伝えたかったメッセージだったのかも。

 

なんか今回はアシタカがサンのことをどう思ってるのかって所が妙に気になったなー。

話が壮大すぎてフォーカスしてなかったけど、その部分に着目して見てたら、けっこうサンちゃんにアシタカはぞっこんじゃないかと思う。

 

玉の小刀をサンに渡したり(あれはアシタカの郷では想いびとに贈るもののようだから、それが正しければ意味が分かった上でやっていてもおかしくないと思う)、スキンシップも激しいし、あの乙事主からサンを救おうとする時の必死さは相当な感じ。

 

最後、サンが「アシタカは好きだ、でも人間を許すことはできない」のセリフは、宮崎駿のメモではアシタカからのプロポーズの返事ということになっているらしい。

よく見ると、サンが話す前の遠巻きのシーンでアシタカが何か話してるように見えなくもない。

 

アシタカ、けっこう積極的だな…

サンちゃんは自分を見失わない態度に強さを感じます。

 

なんだか思わぬ方に見方が変わったのは意外だけど、やっぱりもののけ姫は何度見ても面白いです。

「家売るオンナ #第5話 感想レビュー」これまでの内容にも触れてます。

最近はめったに連ドラを見ることがなかったけど、これは久々にはまってます!

f:id:knitravel:20160811164438j:image

民法の連ドラだと、天皇の料理番以来かなぁ。

NHKは大河、朝ドラをたまに見たりはするけど。

 

なんと言っても1番の理由は、あぶ刑事からの大ファン、仲村トオルが出てるから!

f:id:knitravel:20160811224548j:image

ファン贔屓というのを差し引いても面白いんだけど、まずは彼について語らせて下さいm(__)m

 

ほぼ真面目で影のある路線が板についている今日この頃だけれど、今回の役は表情豊かで、なんか憎めない、あぶ刑事のトオルが復活!!

 

好きな俳優さんとはいえ重いストーリーだとなかなか毎回欠かさず見るのはしんどいんだけど、やっぱり私は軽いノリの彼の役柄が好きなんだな〜

50歳にして、こんな可愛げのある上司を演じられる人というのも、そうそういないんじゃないだろうか。

 

同じ様なことが書いてある、こんな記事見つけました↓

『家売る』ダメ上司役も話題、仲村トオル“コメディ俳優”としても光る存在感 | ORICON STYLE

 

 

ではドラマ全体の話に移りまして・・・

 

少し手抜き間を感じる回もあるけど、基本的には1話完結で家を買いたい顧客の問題を解決させるスタイルにメリハリがあって、各回言いたいこと、メッセージ性がよく伝わってきたり、ゲストキャラの内面もよく掘り下げられているし、レギュラー陣のキャラも立ってるし、ドラマ全体の奥行の深さを感じさせるのです。

 

登場人物も、こういう人、会社にいるよなぁなど、共感できる部分が多かったりする。

 

脚本は大石静、ベテランですね・・・

大河の「功名が辻」も好きだった。

 

よくできてるなぁと感じたのが

主人公の万智が想像も付かない方法で何としてでも家を売っていく物語なんだ、と視聴者が話の傾向をつかんで、

ドラマの方向性に安定感を第3話まで持たせ、同じパターンでくるんだろうなと思ったところに第4話から突然、それまで特に動きのなかったレギュラー陣の人間関係にも進展を出してきて、各回の話と並行してダブルで面白さが増し始めたってところ。

 

あんまり最近のドラマを見てないから

私の感覚が古い可能性もありますが・・・

職場間での三角関係を出すなら、第1話からそれらしい雰囲気を出して

視聴者を引き付けるのでは?

って思うんだけど、それはあえて抑えてきたのを感じます。

序盤からいろいろやりすぎて、視聴者がついていけずに視聴率が下がるっていう事のないようにしてるのかとも思いました。

 

 

今週の第5話は、二人の正反対の性格の独身女が、同じ物件を気に入って双方納得できるような方法で解決策を図るという内容。

 

今回は、これまで万智に虐げられてきた庭野が

負けんと奮闘するテーマの回。

 

中盤まで庭野が顧客2人に似合った物件を提案できるんだけど、とんとん拍子で行き過ぎて、何か怪しいと思っていたら、案の定見積もり時に双方ともやっぱやーめた!となって

万智が登場、解決!の流れでした。

 

万智の解決の仕方がなぁ・・・

そんなんで考えがくつがえるか?と疑問が残る展開ではあったけど、ともさかりえの強がる女ジャーナリストぶりが、かなりインパクトがあったので、あんまり気にしません!(笑)

 

 

仲村トオル演じる屋代課長が、

以前はかなりできる人物だった、ということが醸し出しされていますが、

離婚で今のキャラと化してしまったのか…いったい過去に何があったのかも気になるところです。

 

今回、主人公・万智が庭野くんに過去をいろいろと話していたけれど、話すタイミングがしっくりこなかった気がするかなぁ

空気が読めない子だから、そのしっくりこないのも万智の特徴なのでしょうか・・・

 

第4話のときも、屋代課長に負けた話を聞いて

弱いところを知って課長が思わずキスしてしまったり、庭野くんも過去の話を聞いて、弱い姿をみてのこれまでのギャップで本気で好きになる可能性も高いのでは。

 

恋愛ものとしても、想像してしまって楽し~

 

撮影自体はクランクアップして、最終話まで撮り終えているとのことです。

最後まで、消化不良せずに完走してくれることを祈ります!

「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」第3弾シリーズ最終作にして脚本の質に揺るぎなし!

ファミリー向け映画の定番になりつつある?ナイトミュージアムの第3弾にして最終シリーズ!

 

 

 

父として成長するという初代と変わらない一貫したテーマ。

大好きなシリーズにして、主役のベン・スティラーをファンに押し上げてくれたシリーズ作品です。

ただのドタバタ子ども向け映画として見ると、してやられます。個人的にはあなどれない作品。

 

今回はイギリスが舞台ということで、個性派の新キャラも色々と笑わせてくれる。

主人公ラリーに似せて作られた原始人ラーとイギリスの女夜警とのツーショットはほんとに何度見ても笑える。

アクンメラーの父、ベン・キングズレーのズレ具合もなかなかのツボ。

 

最初のエジプトでの発掘シーンは、インディ・ジョーンズのワンシーンと見間違うような雰囲気と、1で出演したセシルの父の考古学者のなりきり具合に物語に一気に引き込まれます。

セシル達が再登場するのも本当に嬉しいサプライズ。

 

ただ一つだけ、ロビン・ウィリアムズが登場する度に、この作品を最後に亡くなったことを思い出してしまって、毎回悲しくなってしまう。

前2作と同様、本当になくてはならない役どころではあるのだけれど。

 

1番最初にみたのは映画館だったけれど、ここまでまた見に行きたいと思わせる映画はなかなか無いかなぁ。(結局、一度だけだったけど)

 

シリーズものにありがちな、数が増えるごとに脚本の質が落ちるということもなく、綺麗な形でまとめられた良作だと思います。

「太陽の帝国」子ども目線で描かれたノンフィクション戦争映画。スピルバーグと子役時代のクリスチャン・ベールの共演!

リベリオンでも記載したクリスチャン・ベールの子役時代にして初映画出演作、太陽の帝国を鑑賞しました。

 

 

太陽の帝国 (字幕版)

太陽の帝国 (字幕版)

 

 

 

終戦日間近だからか、戦争映画がBSハイビジョンでは最近よく放送されていますが、この作品も満州での日本軍捕虜を描いた作品となっています。

 

しかも監督はスピルバーグ

戦争を題材にしながらも、終始主人公の子供目線での描かれ方がされていて、残酷な現実ではあるのだけど、ETやフックを見た時のような何かノスタルジックでファンタジックさを感じるシーンがいくつかありました。

 

例えば、少年が憧れていた日本のゼロ戦を間近で見た時の場面。 

ゼロ戦日本兵の若者(仕草などを見ていると14、15歳くらいの役柄かもしれない)との友情のシーンも多くはなかったけれど、心温まるものがあった。

 

少年の演技が少しオーバー?と思う所もあったけど、逆境の中での精神的にいっぱいいっぱいの状態や、あえて元気に振る舞う様を強調させていると見れなくもないのかもしれない。

 

日本兵役には、なかなか日本の有名俳優の若かりし頃の姿がいくつかあって意外だったけど、海外の作品の中で日本人が演じているのを見るとリアリティがあって、安心して見ていられる感じがある。

 

原作者の体験談というノンフィクションであるということなので、史実を知る上での大作として一度見ておいてよかったという想いです。

 

 

「リベリオン」クーデター映画好きは興奮すること間違いなし!独特の世界観をコンパクトにまとめたSFアクション。

 題名は知ってたけど、きちんと見る機会もなく
つけっぱなしにしていたwowowで流れ出したので何気なく見始めた映画。

結果、かなり好きな部類の内容だった!

リベリオン -反逆者- [DVD]

リベリオン -反逆者- [DVD]

 

 

 

時間が110分程度で、コンパクトにまとめられている所も良かったし

何より常識と考えられている世界に疑問を抱いて、革命を起こしていく

ストーリーそのものが自分好みで、最後まで見入ってしまった。

 

しかも、主人公のクリスチャン・ベールが前日に

BSハイビジョンで子役時代に主演した「太陽の帝国」という

映画をたまたま見ていたので、あの少年がこんな大人に成長したのね…

と何だか感慨深げな角度からも見入ってしまった。

子役時代のエドワード・ファーロングに似てると思ったら

彼もターミネーターのジョン・コナー役で同役を演じてるし!

良く見れば、バッドマンシリーズとか、有名作品に出てて

アクションもできるし、ハリウッド界で成功を収めている俳優さんの

一人だったのね。

 

映画の話に戻って、

少し敵役があれ?っと思うところもあったけれど、

最初の感情を存在させない、無機質な雰囲気と

徐々に熱を帯びていく、作品全体の構成が見ている方も盛り立てられるようだった。

 

小さい要素ではあったけど、子どもたちの演技がけっこう好き。

ちらほらと見たことある俳優さんが出ているのも、気になった。

ロード・オブ・ザ・リングの ショーン・ビーン

羊たちの沈黙エミリー・ワトソン

プリズン・ブレイクのウィリアム・フィナー

 

内容やアクションシーンがマトリックスから影響を受けていることを

ありありと感じたけれど、あれほど時間が長くなく

無駄な説明もなく、だけどどんな世界が舞台になっているのか

見ながら分かる上、かつストーリーがコンパクトにまとまっていたのは

評価できるポイントになっていると思う。